基板製造、EMSは香川高松のファイトロニクスへ

有限会社 ファイトロニクス

プリント基板設計、電子回路設計請負、コンピュータソフトウェア開発、EMS対応のファイトロニクス

EMS(製造請け負い業務)

EMS(製造請け負い業務)

画像

産業機器の電子回路開発・設計・製造に多く実績のある有限会社ファイトロニクスです。 多品種少量機種の生産において高い評価を頂いております。
産業機器基板の組み立てにおける「してほしい」に適応することを目標としております。
適正な価格と高品質、高対応、高管理(部品はお金)により必ずご満足いただけると確信しております。

1.生産の環境

画像

国際電機標準規格IEC-61340-5-1・2(静電気現象から電子デバイスの保護規定)を満足する対策環境にて全ての作業を行います。
EPA(静電気対策エリア)を明確にし、床面・机・棚・工具・服・靴・人体等全てを安全な接地を行っております。
工場内は温度湿度管理を実施しております。
温湿状況、アースベルト、シューズ接地確認を毎日計測しております。

2.生産の規定

画像

国際電機標準規格IECが採用していますANSI規格のIPC-A-610(電子組立品の許容基準)を生産基準とし、規格を満足する生産方法の確立を行っております。
プリント基板の半田量、形状、半田上がり、部品の実装状況等全てにおいて明確化されております。
全ての作業者に教育が行われており基準・規定を理解した上で作業を行っております。

3.生産の管理

各機種別の製造仕様書を作成しております。
変更管理表、部品表、実装図、組み立図、通電検査手順が全て「作業者が解る見える化」になっております。
各機種の生産毎にSMTラインチェックシート・ディスクリートラインチェックシートにより作業管理経緯を残す仕組みになっております。
機種別の各工程における作業日・作業者・管理数値・工程内の不具合履歴が残ります。
生産機械、工具類は全て日常点検(動作・温度・アース・絶縁)校正を行っております。

4.品質管理

画像

基準書・手順書を制定しております。
・生産基準書14項目
・教育基準書3項目
・SMT作業手順書22項目
・ディスクリート作業手順書24項目
QC工程図(工程の流れと各工程における基準書・手順書引用)により明確化しております。
工程内不具合発生時には「なぜなぜ方式」により真の原因を究明し、具体的な対策により再発を防止しております。
最終通電機能検査工程により品質保証を行います。(機種別の通電機能検査治具にて機能検査を実施します)
弊社回路設計技術者により不測の事態にも対応させていただくことが出来ます。
計測器類は完備しております。

5.作業者管理者

画像

工程内作業の全てにおいて資格制度を定めております。
作業者は教育履歴と作業期間、作業実績により評価され作業資格が与えられます。
作業資格は有資格者リストにより管理されます。

6.管理体制

画像

ファイトロニクス管理体制を制定しております。
品質・預かり資材・日程管理・ESD対策管理・計測機器構成管理・半田成分フラックス比重管理・半田こてポンプ温度管理・洗浄液管理・試作・新機種量産立ち上げ管理・営業管理の管理体制(責任者・管理者・担当者)を明確化し責任を持って運営をしております。

7.産業機器用途基板対応

画像

プリント基板の洗浄対応しております。
プリント基板のコーディング対応(タフィーTF-1141又はヒューミシール)しております。
樹脂注入作業に対応しております。
バーンインテスト対応しております。(無通電、高温放置試験75°C 24時間)
機能テスト(ソフト書き込み・機能検査・測定検査)対応しております。
ケース組み込み作業(配線・組立)対応しております。
部材調達に対応しております。

工場紹介